読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

170515_『F 8x8 BCC House』 Pierre Jeanneret & Jean Prouvé, 1941

f:id:iwaoka_lab:20170517190542j:plain

f:id:iwaoka_lab:20170517191148j:plain

Photo by Kazuki Horikoshi

 

建築家ジャン・プルーヴェによる組立住宅「F 8x8 BCCハウス」を、フランス大使公邸にて特別に視察。本作はジャン・プルーヴェと親交の深い建築家ピエール・ジャンヌレとの共同作品で、世界に2点しか現存しない木造組立住宅である。内部は建築家/デザイナーのシャルロット・ペリアンが手がけ、本作のために設計されたプルーヴェ、ジャンヌレ、ペリアンの家具が並ぶ。写真はその一部ディテール。

戦時中、鉄その他金属の使用が困難であったことを背景に、主構造をはじめほぼ木造で造られている。竣工当時は間仕切り及び天井が張られており、それらを裏付ける当たりや凹みのディテールが各処に見られた。また、フランスの気候環境で設計されているため、一部の木サッシュは日本の湿気で膨張し開かなくなっている箇所も。そのため6月には解体予定、非常に貴重な機会に立ち会わせていただいた。

 

Link

www.elle.co.jp